「認知症」どんなタイプがあるの?アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症が4大疾患と言われています。監修:朝田隆(東京医科歯科大学特任教授)アルツハイマー型がた認にん知ち症しょう日本で一番多い認知症。もの忘れで始まり、ゆっくり進行します。記憶障害きおくしょうがい朝ごはんはまだかな?見当識障害けんとうしきしょうがいここはどこですか?MRI海馬()が縮んでいます。かいば色のついている部分で、血液の流れが低下しています。画像でみるアルツハイマー型認知症原因原因はまだはっきりわかっていませんが、脳の神経細胞と神経細胞の間に老ろうじんはん人斑(アミロイドβベータ)がたまって、脳が縮んで起きると考えられています。おもな症状新しいことが覚えられなくなり、時には出来事自体を忘れてしまいます(記きおくしょうがい憶障害)。場所や時間の判断がつかなくなることもあります(見けんとうしきしょうがい当識障害)。これらの症状が原因となり、徘はいかい徊したり、怒りっぽくなったり、物をとられる妄もうそう想が出ることなどがありますが、個人差があります(周辺症状)。症状は、もの忘れから始まって、ゆっくりと進行していきます。血けっかんせいにんちしょう管性認知症脳のうこうそく梗塞や脳のうしゅっけつ出血などが原因。起きた場所により、症状が異なります。認知症の症状●記憶障害はひどいのに判断力などは保たれている●穏やかだった人が怒りっぽくなる●気力がなくなるその他の症状(言語障害)画像でみる脳血管障害脳梗塞脳出血黒い部分が、脳梗塞の所です。白い部分が、脳出血の所です。原因脳の血管がつまる脳のうこうそく梗塞や、血管が破れる脳のうしゅっけつ出血などの脳のうけっかん血管障しょうがい害が起きると、その周辺の脳の働きが低下します。障害が起きた場所が記憶に関係する部分だと、認知症の症状が出ます。おもな症状脳のうけっかんしょうがい血管障害を起こした場所や回数・障害の程度によって、症状が異なります。認知症の症状以外に、尿失禁、言語障害、手足のまひなどが起きることもあります。軽い脳のうこうそく梗塞をくり返すことが多く、その場合、階段状に症状が進行します。アルツハイマー型認知症を伴う場合もあります。レビー小しょう体たい型がた認にん知ち症しょう初期はもの忘れが目立たない場合があり、のちに多様な症状が出ることも。認知症の症状(幻視)どこの子だい?パーキンソン病と似た症状統計解析画像でみるレビー小体型認知症真上からみた脳表図内側からみた右脳後頭葉(○印)の血液の流れが低下しています。原因脳や全身の神経細胞にレビー小しょうたい体という病的な構造がたまります。特に脳の神経細胞が障害を受けた場合に認知症の症状が起きると考えられています。おもな症状日によって認知症の症状に変化があったり、はっきりした幻げんし視や、睡眠中に夢の内容に応じて大声で叫んだり暴れたりすることがあります(レム期きすいみんこうどういじょう睡眠行動異常)。体の動きが遅くなる、歩幅が小さくなるなどのパーキンソン病と似た症状が出る場合もあります。このほか、抑うつ症状や、便秘・立ちくらみなどの自じりつしんけいしょうじょう律神経症状をともなう場合もありますが、すべての症状が一度に現れるわけではありません。前ぜんとうそくとうがたにんちしょう頭側頭型認知症前頭葉や側頭葉が縮みます。はじめはもの忘れがみられないのが特徴。認知症の症状(社会的ルールを無視した行動)行動上の変化(好みの変化)みかんは嫌いだよ。リンゴがいいね。みかん買ってきたわよ~統計解析画像でみる前頭側頭型認知症真上からみた脳表図▼▼内側からみた右脳▼前頭葉(○印)の血液の流れが低下しています。原因脳の前ぜんとうよう頭葉や側そくとうよう頭葉が縮むことで起きると考えられています。おもな症状初期には、アルツハイマー型認知症のような記きおくしょうがい憶障害がみられず、社会的なルールを無視するような行動、極端な意いよくげんたい欲減退などがみられることがあります。食べ物の好みが変化したり、同じ言葉や行動を繰り返したりする場合もあります(行こうどうしょうがいがた動障害型前ぜんとうそくとうがた頭側頭型認にんちしょう知症)。このほかにも、物の名前の読み方や物の使い方などがわからなくなったり(意いみせい味性認にんちしょう知症)、言葉の発音がうまくできなくなるタイプもあります(進しんこうせい行性非ひりゅうちょうせい流暢性失しつごしょう語症)。認知症の症状を起こすことのある病気●正せいじょうあつすいとうしょう常圧水頭症髄ずいえき液の流れが悪くなり脳のうしつ室という場所が拡大し、脳を圧迫して症状が出ます。手術で治療が可能な場合があります。●慢まんせいこうまくかけっしゅ性硬膜下血腫頭部にケガをした後しばらくして、硬こうまく膜と脳の間に血の固まりができ、脳を圧迫して症状が出ます。早期治療で治る可能性が高い疾患です。●脳のうしゅよう腫瘍腫瘍ができた位置によって、手足のしびれや言語障害などの神経症状や認知症が起こります。●脳のうえん炎、髄ずいまくえん膜炎細菌やウイルスが、脳や髄ずいまく膜に感染して起こる病気。頭痛や発熱などを伴います。●パーキンソン病手足のふるえ、緩慢な動作などがみられる病気です。認知症は初期には出ませんが、後期に現れることがあります。●甲こうじょうせんきのうていかしょう状腺機能低下症甲状腺ホルモンの分泌が低下して、無気力で疲れやすくなり症状が出ます。甲状腺ホルモン剤で治療が可能です。その他に低酸素血症、ビタミン欠乏症、栄養障害、肝性脳症などがあります。脳室の拡大(○印)、シルビウス裂の開大()が特徴的です。血の固まり(○印)が接する部分の脳の溝の消失()が特徴的です。認知症のような症状を引き起こす場合がある薬●精神安定剤●睡眠薬●パーキンソン病治療薬●抗ヒスタミン薬●抗てんかん薬●ぜんそく治療薬●抗生物質●鎮痛薬●アルコールなど■紹介された画像についてCT(シーティー)・・・・・・・・・・・・・・・・・エックス線を使い、脳の形をみる画像MR(Iエムアールアイ)・・・・・磁気を使い、脳の形をみる画像統計解析画像・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・放射線を使うSPECT(スペクト)の画像をわかりやすくしたもので、脳の血液の流れをみる画像画像提供/松田博史(国立精神・神経医療研究センター)、中野正剛(医療法人相生会)■参考:認知症で異常があらわれやすい部分画像を見る時の参考にしてください。(頭頂葉の内側)前頭葉ぜんとうよう楔前部せつぜんぶ後頭葉こうとうよう海馬かいば後部帯状回こうぶたいじょうかい海馬・・・・・・・・・・・・・・主に記憶を作るところ後部帯状回・・・空間認知(どこにいるか)や記憶などに関係頭頂葉・・・・・・・・・・・言語による表現、行動、空間認知などに関係楔前部・・・・・・・・・・・記憶などに関係前頭葉・・・・・・・・・・・行動を起こすこと(運動・意志など)に関係後頭葉・・・・・・・・・・・視覚に関係「大切な人に、いつまでも元気でいてほしい!」という願いをこめて…認知症診断の画像検査については、ホームページ『撮って診る!!認知症』をご覧下さい。認知症スペクト