第3医学管理等施設基準告示2特定疾患治療管理料に規定する施設基準等(6)外来栄養食事指導料の注2に規定する基準イ連携充実加算に係る届出を行っている保険医療機関であること。ロ外来化学療法を実施している悪性腫瘍の患者に対する栄養食事指導を行うにつき、十分な体制が確保されていること。(6)の2外来栄養食事指導料及び入院栄養食事指導料の対象患者疾病治療の直接手段として、医師の発行する食事箋に基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する別表第三に掲げる特別食を必要とする患者、がん患者、摂食機能若しくは嚥下機能が低下した患者又は低栄養状態にある患者(6)の2の2外来栄養食事指導料の注3に規定する施設基準悪性腫瘍の患者の栄養管理に係る専門の研修を終了し、当該患者の栄養管理を行うにつき十分な経験を有する専任の常勤の管理栄養士が配置されていること。(6)の3集団栄養食事指導料に規定する特別食疾病治療の直接手段として、医師の発行する食事箋に基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する別表第三に掲げる特別食(6)の4心臓ペースメーカー指導管理料の注4に規定する施設基準当該療養を行うにつき十分な体制が整備されていること。(6)の5心臓ペースメーカー指導管理料の注5に規定する施設基準イ心臓移植型電気デバイスの管理を行うにつき必要な体制が整備されていること。ロ循環器疾患の診療につき十分な経験を有する常勤の医師が配置されていること。通知第1の6外来栄養食事指導料1外来栄養食事指導料の注2に規定する施設基準(1)外来化学療法を実施するための専用のベッド(点滴注射による化学療法を実施するに適したリクライニングシート等を含む。)を有する治療室を保有し、外来化学療法を実施している保険医療機関に5年以上勤務し、栄養管理(悪性腫瘍患者に対するものを含む。)に係る3年以上の経験を有する専任の常勤管理栄養士が1人以上配置されていること。(2)(1)に掲げる管理栄養士は、医療関係団体等が実施する悪性腫瘍に関する栄養管理方法等の習得を目的とした研修を修了していることが望ましい。(次頁に続く)