2022年3月改訂(第11版)日本標準商品分類番号874300医薬品インタビューフォーム日本病院薬剤師会のIF記載要領2018(2019年更新版)に準拠して作成放射性医薬品/脳・甲状腺・唾液腺及び異所性胃粘膜疾患診断薬・局所肺換気機能診断薬放射性医薬品基準過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液ジェネレータ剤形製剤の規制区分規格・含量一般名製造販売承認年月日薬価基準収載・販売開始年月日製造販売(輸入)・提携・販売会社名医薬情報担当者の連絡先問い合わせ窓口ジェネレータ剤処方箋医薬品(注意-医師等の処方箋により使用すること)本品は,表示された日時において溶出されるテクネチウム99mとしてそれぞれ,925MBq,1.85GBq,2.78GBq,3.70GBq,4.63GBq,5.55GBq,7.40GBq,11.1GBq,14.8GBq,18.5GBqの放射能を含む.和名:過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)洋名:SodiumPertechnetate(99mTc)製造販売承認年月日:1973年2月23日薬価基準収載年月日:1974年2月1日販売開始年月日:1973年3月2日製造販売元:PDRファーマ株式会社PDRファーマ株式会社製品情報センター電話番号0120-383-624〒104-0031東京都中央区京橋2-14-1兼松ビルディングホームページ:https://www.pdradiopharma.com本IFは2022年3月改訂の添付文書の記載に基づき改訂した。最新の情報は,独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品情報検索ページで確認してください。医薬品インタビューフォーム利用の手引きの概要-日本病院薬剤師会-1.医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として、医療用医薬品添付文書(以下、添付文書)がある。医療現場で医師・薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には、添付文書に記載された情報を裏付ける更に詳細な情報が必要な場合があり、製薬企業の医薬情報担当者(以下、MR)等への情報の追加請求や質疑により情報を補完してきている。この際に必要な情報を網羅的に入手するための項目リストとして医薬品インタビューフォーム(以下、IFと略す)が誕生した。1988年に日本病院薬剤師会(以下、日病薬)学術第2小委員会がIFの位置付け、IF記載様式、IF記載要領を策定し、その後1998年に日病薬学術第3小委員会が、2008年、2013年に日病薬医薬情報委員会がIF記載要領の改訂を行ってきた。IF記載要領2008以降、IFはPDF等の電子的データとして提供することが原則となった。これにより、添付文書の主要な改訂があった場合に改訂の根拠データを追加したIFが速やかに提供されることとなった。最新版のIFは、医薬品医療機器総合機構(以下、PMDA)の医療用医薬品情報検索のページ(http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuSearch/)にて公開されている。日病薬では、2009年より新医薬品のIFの情報を検討する組織として「インタビューフォーム検討会」を設置し、個々のIFが添付文書を補完する適正使用情報として適切か審査・検討している。2019年の添付文書記載要領の変更に合わせ、「IF記載要領2018」が公表され、今般「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」に関連する情報整備のため、その更新版を策定した。2.IFとはIFは「添付文書等の情報を補完し、医師・薬剤師等の医療従事者にとって日常業務に必要な、医薬品の品質管理のための情報、処方設計のための情報、調剤のための情報、医薬品の適正使用のための情報、薬学的な患者ケアのための情報等が集約された総合的な個別の医薬品解説書として、日病薬が記載要領を策定し、薬剤師等のために当該医薬品の製造販売又は販売に携わる企業に作成及び提供を依頼している学術資料」と位置付けられる。IFに記載する項目配列は日病薬が策定したIF記載要領に準拠し、一部の例外を除き承認の範囲内の情報が記載される。ただし、製薬企業の機密等に関わるもの及び利用者自らが評価・判断・提供すべき事項等はIFの記載事項とはならない。言い換えると、製薬企業から提供されたIFは、利用者自らが評価・判断・臨床適用するとともに、必要な補完をするものという認識を持つことを前提としている。IFの提供は電子データを基本とし、製薬企業での製本は必須ではない。3.IFの利用にあたって電子媒体のIFは、PMDAの医療用医薬品情報検索のページに掲載場所が設定されている。製薬企業は「医薬品インタビューフォーム作成の手引き」に従ってIFを作成・提供するが、IFの原点を踏まえ、医療現場に不足している情報やIF作成時に記載し難い情報等については製薬企業のMR等へのインタビューにより利用者自らが内容を充実させ、IFの利用性を高める必要がある。また、随時改訂される使用上の注意等に関する事項に関しては、IFが改訂されるまでの間は、製薬企業が提供する改訂内容を明らかにした文書等、あるいは各種の医薬品情報提供サービス等により薬剤師等自らが整備するとともに、IFの使用にあたっては、最新の添付文書をPMDAの医薬品医療機器情報検索のページで確認する必要がある。なお、適正使用や安全性の確保の点から記載されている「V.5.臨床成績」や「XII.参考資料」、「XIII.備考」に関する項目等は承認を受けていない情報が含まれることがあり、その取り扱いには十分留意すべきである。4.利用に際しての留意点IFを日常業務において欠かすことができない医薬品情報源として活用していただきたい。IFは日病薬の要請を受けて、当該医薬品の製造販売又は販売に携わる企業が作成・提供する、医薬品適正使用のための学術資料であるとの位置づけだが、記載・表現には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の広告規則や販売情報提供活動ガイドライン、製薬協コード・オブ・プラクティス等の制約を一定程度受けざるを得ない。販売情報提供活動ガイドラインでは、未承認薬や承認外の用法等に関する情報提供について、製薬企業が医療従事者からの求めに応じて行うことは差し支えないとされており、MR等へのインタビューや自らの文献調査などにより、利用者自らがIFの内容を充実させるべきものであることを認識しておかなければならない。製薬企業から得られる情報の科学的根拠を確認し、その客観性を見抜き、医療現場における適正使用を確保することは薬剤師の本務であり、IFを利用して日常業務を更に価値あるものにしていただきたい。(2020年4月改訂)目次I.概要に関する項目…………………………………….11.開発の経緯……………………..12.製品の治療学的特性………………13.製品の製剤学的特性………………14.適正使用に関して周知すべき特性……15.承認条件及び流通・使用上の制限事項..16.RMPの概要……………………2II.名称に関する項目…………………………………….31.販売名…………………………32.一般名…………………………33.構造式又は示性式………………..34.分子式及び分子量………………..35.化学名(命名法)又は本質…………36.慣用名,別名,略号,記号番号……..3III.有効成分に関する項目………………………………41.物理化学的性質………………….42.有効成分の各種条件下における安定性..53.有効成分の確認試験法,定量法……..5IV.製剤に関する項目…………………………………….61.剤形…………………………..62.製剤の組成……………………..63.添付溶解液の組成及び容量…………64.力価…………………………..65.混入する可能性のある夾雑物……….66.製剤の各種条件下における安定性……77.調製法及び溶解後の安定性…………78.他剤との配合変化(物理化学的変化)..79.溶出性…………………………710.容器・包装……………………..711.別途提供される資材類…………….812.その他…………………………8V.治療に関する項目…………………………………….91.効能又は効果……………………92.効能又は効果に関連する注意……….93.用法及び用量……………………94.用法及び用量に関連する注意………105.臨床成績………………………10VI.薬効薬理に関する項目…………………………….121.薬理学的に関連ある化合物又は化合物群122.薬理作用………………………12VII.薬物動態に関する項目…………………………….131.血中濃度の推移…………………132.薬物速度論的パラメータ………….133.母集団(ポピュレーション)解析…..134.吸収………………………….135.分布………………………….136.代謝………………………….147.排泄………………………….148.トランスポーターに関する情報……..149.透析等による除去率………………1410.特定の背景を有する患者…………..1411.その他………………………..14VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目…..151.警告内容とその理由………………152.禁忌内容とその理由………………153.効能又は効果に関連する注意とその理由154.用法及び用量に関連する注意とその理由155.重要な基本的注意とその理由……….156.特定の背景を有する患者に関する注意..157.相互作用………………………168.副作用………………………..169.臨床検査結果に及ぼす影響…………1610.過量投与………………………1611.適用上の注意…………………..1712.その他の注意…………………..17IX.非臨床試験に関する項目…………………………181.薬理試験………………………182.毒性試験………………………18X.管理的事項に関する項目…………………………201.規制区分………………………202.有効期間………………………203.包装状態での貯法………………..204.取扱い上の注意…………………205.患者向け資材…………………..206.同一成分・同効薬………………..207.国際誕生年月日…………………208.製造販売承認年月日及び承認番号,薬価基準収載年月日,販売開始年月日……..219.効能又は効果追加,用法及び用量変更追加等の年月日及びその内容…………..2110.再審査結果,再評価結果公表年月日及びその内容………………………..2111.再審査期間…………………….2112.投薬期間制限に関する情報…………2113.各種コード…………………….2114.保険給付上の注意………………..21XI.文献…………………………………………………221.引用文献………………………222.その他の参考文献………………..22XII.参考資料……………………………………………231.主な外国での発売状況…………….232.海外における臨床支援情報…………23XIII.備考………………………………………………….241.調剤・服薬支援に際して臨床判断を行うにあたっての参考情報………………242.その他の関連資料………………..24I.概要に関する項目I.概要に関する項目1.開発の経緯ウルトラテクネカウは,比較的長い半減期を持つ親核種99Mo(半減期65.94時間)をアルミナのカラムに吸着させ,必要に応じてこれに生理食塩液を通すことにより短半減期の子孫核種99mTc(半減期6.01時間)を取り出す(ミルキングする)99Mo-99mTcジェネレータである.得られた99mTcは日局過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液として脳腫瘍,脳血管障害,甲状腺疾患,唾液腺疾患,異所性胃粘膜疾患の診断に臨床応用されている他,各種テクネチウム製剤の調製(標識)や医療機器「テクネガス発生装置」との組合せ使用による局所肺換気機能の検査などに使用される.99mTcは化学反応性が強く用途に応じた種々の標識化合物が簡単に調製できること,γ線エネルギーが141keVとシンチグラムを得るのに適していること,半減期が短くβ線を放出しないため患者の被曝が少ないこと,随時に溶出できるため緊急時の使用が可能なことなど優れた特徴を有する.当社は日局過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液を安定して正確にかつ確実に溶出するための品質及び構造上の改良を加えた結果,より機能性・操作性に優れたジェネレータの開発に成功した.2.製品の治療学的特性副作用「VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目」参照.承認前の臨床試験では,総症例646例中,副作用は認められなかった.承認後の調査では,8,423例中,副作用は認められなかった.(再審査対象外品目)3.製品の製剤学的特性ウルトラテクネカウは機構上次のような特徴を有する.(1)生理食塩液が内蔵されており,溶出用のコレクティングバイアルをセットするだけで用時日局過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液を得ることができる.すなわち,用時生理食塩液を用意する必要がなく,操作が容易で無菌保持性が高い.(2)レバー操作により任意に溶出回路を開閉することができ,必要な液量の溶出液を得ることができる.(3)溶出液量はエリューションシールドの鉛ガラスを通して確認できる.(4)溶出中はエリューションシールドが固定され,誤って抜かれないよう防止機構が施されている.(5)ディスポーザブルの溶出用注射針の採用により,無菌保持性が高い.4.適正使用に関して周知すべき特性適正使用に関する資材,最適使用推進ガイドライン等RMP追加のリスク最小化活動として作成されている資材最適使用推進ガイドライン保険適用上の留意事項通知5.承認条件及び流通・使用上の制限事項(1)承認条件該当しない(2)流通・使用上の制限事項有無無無無無(2022年3月時点)該当しない1I.概要に関する項目6.RMPの概要該当しない2II.名称に関する項目II.名称に関する項目1.販売名(1)和名ウルトラテクネカウ®(2)洋名Ultra-TechneKow®(3)名称の由来過テクネチウム酸ナトリウム注射液を安定に溶出するためのジェネレータ(カウ)であるという意味から命名された.2.一般名(1)和名(命名法)過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液ジェネレータ(放射性医薬品基準)(2)洋名(命名法)SodiumPertechnetate(99mTc)SodiumPertechnetate(99mTc)InjectionGenerator(放射性医薬品基準英文版)(3)ステム(stem)該当しない3.構造式又は示性式99Mo-99mTc(ジェネレータ)4.分子式及び分子量分子式:Na99mTcO4分子量:185.99本品から溶出される過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)として5.化学名(命名法)又は本質Sodiumpertechnetate(Na99mTcO4)(USP)本品から溶出される過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)として6.慣用名,別名,略号,記号番号テクネジェネレータテクネカウ3III.有効成分に関する項目III.有効成分に関する項目本項目は,99mTc,99Moの核物理学的特性について記載する.1.物理化学的性質(1)外観・性状該当資料なし(2)溶解性該当資料なし(3)吸湿性該当資料なし(4)融点(分解点),沸点,凝固点該当資料なし(5)酸塩基解離定数該当資料なし(6)分配係数該当資料なし(7)その他の主な示性値99Mo・99mTcの核物理学的特性99Mo物理的半減期65.94時間99mTc6.015時間141keV(89.1%)主なγ線エネルギー40.6keV141keV181keV740keV778keV(1.1%)(82.7%)(6.0%)(12.1%)(4.3%)<99Moの崩壊曲線及び99mTcの生成曲線>上図は99mTc生成曲線に加えて,24時間ごとに生成した99mTcを生理食塩液を用いて100%ミルキングしたときの溶出パターンも併記してある.ミルキング後99mTcの放射能は約23時間で最大になり,この時の99mTcは99Moの約87.7%である(23時間前の99Moの放射能の69%).4III.有効成分に関する項目ある時間(t=0)にミルキングを行ない,その後の時間tの99mTcの放射能(AT)はAT=0.877AMλTで表わされる.AM:99Moの放射能λT:99mTcの崩壊定数=λM:99Moの崩壊定数=t:0時よりの経過時間<放射能減衰表>99Mo物理的半減期(e-λMt-e-λTt)λT-λMln26.015hrln265.94hr65.94時間経過日数残存放射能%≒0.1152hr-1≒0.0105hr-199mTc物理的半減期6.015時間経過時間残存放射能%0100189.1279.4370.8463.1556.2650.1744.6839.8935.41031.61128.21225.11322.41419.91517.81615.8-4-3-2-1274.3213.2165.6128.70100177.7260.4346.9436.5528.3622.0717.1813.3910.3108.0116.2124.82.有効成分の各種条件下における安定性該当資料なし3.有効成分の確認試験法,定量法確認試験法(1)溶出液について,放射性医薬品基準一般試験法物理的試験法ガンマ線測定法のGe半導体検出器による測定法により試験を行うとき,0.141MeVにピークを認める.(2)放射化学的異物75vol%メタノールを展開溶媒として,放射性医薬品基準一般試験法物理的試験法ろ紙クロマトグラフィーにより約10cm展開して試験を行うとき,過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)のスポット以外の放射能はろ紙上の総放射能の5%以下である(Rf=0.6~0.7).定量法溶出液の適当量について,放射性医薬品基準一般試験法物理的試験法ガンマ線測定法の放射能の定量により放射能を測定する.5IV.製剤に関する項目IV.製剤に関する項目1.剤形(1)剤形の区別剤形:ジェネレータ剤(2)製剤の外観及び性状外観:溶出液(過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液):無色澄明の液「IV.製剤に関する項目」の「10.(1)注意が必要な容器・包装,外観が特殊な容器・包装に関する情報」の外観図を参照.(3)識別コード該当しない(4)製剤の物性溶出液(過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液)としてpH:4.5~7.0浸透圧比:約1(生理食塩液に対する比)(5)その他該当しない2.製剤の組成(1)有効成分(活性成分)の含量及び添加剤有効成分:放射性医薬品基準過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液ジェネレータ1個表示された日時において溶出されるテクネチウム99mとしてそれぞれ次の放射能を含む.925MBq1.85GBq2.78GBq3.70GBq5.55GBq7.40GBq11.1GBq14.8GBq添加剤:該当しない(2)電解質等の濃度該当しない(3)熱量該当しない3.添付溶解液の組成及び容量日局生理食塩液1瓶(200mL)4.力価該当しない5.混入する可能性のある夾雑物・モリブデン99(本品の総放射能の0.015%以下である)・アルミニウム(10ppm以下)4.63GBq18.5GBq6IV.製剤に関する項目6.製剤の各種条件下における安定性次の(1),(2)の試験結果より経時的に安定であることが確認された.(1)初回溶出から17日間にわたり室温保存にて溶出を繰り返した結果,溶出率の経時的変化は認められなかった.(2)2週間にわたり隔日溶出を行い,得られた液について,放射性医薬品基準一般試験法ろ紙クロマトグラフィーによる純度試験を行った結果,経時的変化は認められなかった.7.調製法及び溶解後の安定性過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液の溶出法については,「V.治療に関する項目」の「3.(1)用法及び用量の解説」の<溶出法>参照.各種テクネチウム製剤(キット)の調製(標識)に使用する場合は,当該医薬品の用法及び用量に従って行う.8.他剤との配合変化(物理化学的変化)該当資料なし9.溶出性該当しない10.容器・包装(1)注意が必要な容器・包装,外観が特殊な容器・包装に関する情報コレクティングバイアル5又はコレクティングバイアル10又はコレクティングバイアル208バイアル(必要時16バイアル添付)ガラス製の減圧滅菌バイアル溶出用注射針8本外径0.9mm,長さ25mmのディスポーザブル注射針溶出用チューブ2本(必要時添付)内径約1mm,長さ5~15cmのシリコン樹脂製チューブの両端に接続具(ポリプロピレン製)を付したものエリューションシールド1個(必要時添付)(2)包装925MBq[1ジェネレータ]、1.85GBq[1ジェネレータ]、2.78GBq[1ジェネレータ]、3.70GBq[1ジェネレータ]4.63GBq[1ジェネレータ]、5.55GBq[1ジェネレータ]、7.40GBq[1ジェネレータ]、11.1GBq[1ジェネレータ]14.8GBq[1ジェネレータ]、18.5GBq[1ジェネレータ]7IV.製剤に関する項目(3)予備容量該当しない(4)容器の材質本品は,モリブデン99をモリブデン酸塩の形で適当なカラムに充填したアルミナに吸着させ,これに過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液を溶出させるために必要な装置及び不必要な被曝を避けるための十分な遮蔽装置を合わせたものである.11.別途提供される資材類(コレクティングバイアル5使用時の)エリューションシールド用スペーサー注意:弊社製品専用のスペーサーである.問い合わせ先:弊社医薬情報担当者12.その他該当資料なし8V.治療に関する項目V.治療に関する項目1.効能又は効果○脳腫瘍及び脳血管障害の診断○甲状腺疾患の診断○唾液腺疾患の診断○異所性胃粘膜疾患の診断○医療機器「テクネガス発生装置」との組合せ使用による局所肺換気機能の検査2.効能又は効果に関連する注意設定されていない3.用法及び用量(1)用法及び用量の解説・溶出法〈脳シンチグラフィ、甲状腺シンチグラフィ/甲状腺摂取率測定、唾液腺シンチグラフィ/RIシアログラフィ、異所性胃粘膜シンチグラフィ〉透明カバーを取り外し、溶出口に溶出用注射針を取り付ける。コレクティングバイアルをエリューションシールドに入れ、倒立させて溶出口の上からバイアルのゴム栓に溶出用注射針をつけ根まで差し込む。溶出用レバーを用いて溶出回路を開き、バイアル中に溶出液(過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液)を溶出させる。静置してしばらくすると約5mL、約10mLまたは約20mLの無菌の溶出液が得られる。〈局所肺換気機能の検査〉局所肺換気機能の検査(投与法、第5項)のために高い放射能濃度の溶出液を得るときは、次の方法による。透明カバーを取り外し、溶出口に溶出用チューブの一方を取り付け、他方を容量2~5mLの注射筒に取り付け、溶出液を約2.2mL吸引し、注射筒を取り外して溶出液をコレクティングバイアルに入れる。溶出用チューブの他方を容量1mLの別の注射筒に取り付け、溶出液を約0.5mL吸引し、注射筒を取り外す。このうち、必要な放射能を医療機器「テクネガス発生装置」に仕込む。・投与法〈脳シンチグラフィ〉通常、成人には74~740MBqを静注し、静注後10~30分までに(やむを得ず経口投与する場合は1~2時間後に)被検部のシンチグラムを得る。なお、投与量は、年齢、体重によりそれぞれ適宜増減する。〈甲状腺シンチグラフィ/甲状腺摂取率測定〉通常、成人には74~370MBqを静注し、静注後被検部のシンチグラムを得る。同時に甲状腺摂取率を測定する場合には、投与量のカウントと被検部のカウントの比から甲状腺摂取率を測定する。また、7.4~74MBqを静注することにより、甲状腺摂取率のみを測定することもできる。なお、投与量は、年齢、体重によりそれぞれ適宜増減する。〈唾液腺シンチグラフィ/RIシアログラフィ〉通常、成人には185~555MBqを静注し、静注後被検部のシンチグラムを得る。必要に応じて唾液分泌刺激物による負荷を行い、負荷後のシンチグラムを得る。また、時間放射能曲線を作成することにより、RIシアログラムを得ることもできる。なお、投与量は、年齢、体重によりそれぞれ適宜増減する。〈異所性胃粘膜シンチグラフィ〉通常、成人には185~370MBqを静注し、静注後被検部のシンチグラムを得る。なお、投与量は、年齢、体重によりそれぞれ適宜増減する。9V.治療に関する項目〈局所肺換気機能の検査〉259~370MBq/0.1mLを、医療機器「テクネガス発生装置」に仕込み、その用法及び用量に従って使用する。99mTc-超微粒子を発生させたのち、背部よりガンマカメラを用いて観察しながら吸入させ、可能な場合は深吸気を行なわせ、さらに息こらえを行なわせる。通常、成人には18.5~37MBqを肺内に沈着させ、未沈着の99mTc-超微粒子を呼出させたのち、肺シンチグラムを得る。なお、投与量は、年齢、体重によりそれぞれ適宜増減する。(2)用法及び用量の設定経緯・根拠脳腫瘍及び脳血管障害の診断・局所肺換気機能の検査本剤を用いた臨床試験実施施設における用法及び用量を参考に設定した.甲状腺疾患の診断用法:甲状腺機能亢進症,慢性甲状腺炎では甲状腺疾患の機能診断,結節性甲状腺腫では病巣検出,存在診断に有効とされた例が多かった.用量:74~370MBqを標準投与量として実施した臨床試験における有効性の評価において,全例で有効以上であったことから「74~370MBq」とした.一方,甲状腺摂取率測定においては7.4~74MBqを標準投与量として実施した臨床試験における有効性の評価において,全例で有効以上であったことから「7.4~74MBq」とした.唾液腺疾患の診断用法:シェーグレン症候群では機能診断,唾液腺腫瘍では病巣検出,存在診断に有効とされた例が多かった.用量:185~555MBqを標準投与量として実施した臨床試験における有効性の評価において,44例(98%)で有効以上であったこと,RIシアログラムにおいては全例で有効以上であったことから「185~555MBq」とした.異所性胃粘膜疾患の診断用法:異所性胃粘膜疾患は無症状の例も多く,受信時には重篤な合併症により緊急手術となることが多いため事前に検査される例は少ないが,臨床試験においてメッケル憩室の診断がなされた例,除外診断がなされた例もあり有効であった.用量:185~370MBqを標準投与量として実施した臨床試験における有効性の評価において,全例で有効以上であったことから「185~370MBq」とした.4.用法及び用量に関連する注意設定されていない5.臨床成績(1)臨床データパッケージ該当しない(2)臨床薬理試験該当資料なし(3)用量反応探索試験該当資料なし(4)検証的試験1)有効性検証試験〈脳シンチグラフィ〉国内臨床試験脳腫瘍及び脳血管障害患者349例の脳シンチグラフィを行い,あらかじめ臨床的に明らかなもの(レントゲン検査又は手術,剖検により診断の確定したもの)に対し,本剤による診断が適中したものを有効例とした場合の有効率は72.8%(254/349)であった.10V.治療に関する項目〈甲状腺シンチグラフィ/甲状腺摂取率測定,唾液腺シンチグラフィ/RIシアログラフィ,異所性胃粘膜シンチグラフィ〉国内臨床試験甲状腺疾患,唾液腺疾患及び異所性胃粘膜疾患患者(112例)に対し本剤による検査を行い,診断に有効な情報が得られたものを有効例とした場合の有効率は次のとおりである.疾患名有効率甲状腺疾患唾液腺疾患異所性胃粘膜疾患65/65(100%)44/45(98%)2/2(100%)111/112(99%)合計本剤が投与された112例全例において,本剤に起因すると考えられる臨床症状の変化又は臨床検査値の異常変動はみられなかった.〈局所肺換気機能の検査〉国内後期臨床試験肺気腫,慢性気管支炎,気管支喘息,び漫性汎細気管支炎,肺線維症,過敏性肺炎,肺サルコイドーシス,塵肺症,肺塞栓症,肺梗塞,肺腫瘍,肺炎,肺結核等を含む呼吸器疾患患者(有効性評価対象症例172例)の局所肺換気機能検査を行い,有効な情報が得られたものを有効例とした場合の有効率は97.7%(168/172)であった.全例(安全性評価対象症例182例)に,テクネガスの投与に起因する自他覚症状,身体所見および臨床検査の変化を認めなかった.2)安全性試験該当資料なし(5)患者・病態別試験該当資料なし(6)治療的使用1)使用成績調査(一般使用成績調査,特定使用成績調査,使用成績比較調査),製造販売後データベース調査,製造販売後臨床試験の内容承認後の調査では,8,423症例中,副作用は認められなかった.2)承認条件として実施予定の内容又は実施した調査・試験の概要該当資料なし(7)その他該当資料なし(再審査対象外品目)11VI.薬効薬理に関する項目VI.薬効薬理に関する項目1.薬理学的に関連ある化合物又は化合物群該当しない2.薬理作用(1)作用部位・作用機序正常人では過テクネチウム酸イオン99mTcO4-は,甲状腺,唾液腺,胃粘膜,赤血球,口腔粘膜や筋肉などに集積する.また99mTcO4-は通常血液脳関門bloodbrainbarrier(B.B.B.)を通過しないため,脳イメージング像は,正常人では脳実質に放射能の集積がない,いわゆるcoldareaとして描出され,脳腫瘍のようにB.B.B.に障害のある患者ではこれを通過して腫瘍組織に高濃度に集積するので,その部位がhotspotとして描出される1).また,医療機器「テクネガス発生装置」との組合せ使用による99mTc-超微粒子を吸入させたとき,肺への分布量は全身分布量の91~95%であり,4時間後でも88~92%の範囲であった.肺からの放射能消失速度は,生物学的半減期及び有効半減期がそれぞれ135時間,5.75時間であり,肺での高い滞留性が認められた2).(2)薬効を裏付ける試験成績該当資料なし(3)作用発現時間・持続時間該当資料なし12VII.薬物動態に関する項目VII.薬物動態に関する項目1.血中濃度の推移(1)治療上有効な血中濃度該当資料なし(2)臨床試験で確認された血中濃度該当資料なし(3)中毒域該当資料なし(4)食事・併用薬の影響該当資料なし2.薬物速度論的パラメータ(1)解析方法該当資料なし(2)吸収速度定数該当資料なし(3)消失速度定数該当資料なし(4)クリアランス該当資料なし(5)分布容積該当資料なし(6)その他該当資料なし3.母集団(ポピュレーション)解析(1)解析方法該当資料なし(2)パラメータ変動要因該当資料なし4.吸収該当資料なし5.分布(1)血液−脳関門通過性99mTcO4-は通常血液-脳関門を通過しない1).13VII.薬物動態に関する項目(2)血液―胎盤関門通過性該当資料なし(3)乳汁への移行性「VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目」の「6.(6)授乳婦」参照.(4)髄液への移行性該当資料なし(5)その他の組織への移行性該当資料なし(6)血漿蛋白結合率該当資料なし6.代謝(1)代謝部位及び代謝経路該当資料なし(2)代謝に関与する酵素(CYP等)の分子種,寄与率該当資料なし(3)初回通過効果の有無及びその割合該当資料なし(4)代謝物の活性の有無及び活性比,存在比率該当資料なし7.排泄該当資料なし8.トランスポーターに関する情報該当しない9.透析等による除去率該当資料なし10.特定の背景を有する患者「VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目」の「6.特定の背景を有する患者に関する注意」参照.11.その他該当資料なし14VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目1.警告内容とその理由設定されていない2.禁忌内容とその理由設定されていない3.効能又は効果に関連する注意とその理由設定されていない4.用法及び用量に関連する注意とその理由設定されていない5.重要な基本的注意とその理由6.特定の背景を有する患者に関する注意(1)合併症・既往歴等のある患者設定されていない(2)腎機能障害患者設定されていない(3)肝機能障害患者設定されていない(4)生殖能を有する者設定されていない(5)妊婦<解説>生殖能力のある婦人に投与する場合,理想的には月経開始日から約10日間がよい3).(6)授乳婦8.重要な基本的注意診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与することとし、投与量は最小限度にとどめること。9.5妊婦妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与すること。9.6授乳婦診断上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。授乳中の女性は投与後少なくとも3日間は授乳しない方が良いとの報告がある4)。15VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目(7)小児等9.7小児等小児等を対象とした臨床試験は実施していない。<解説>放射性医薬品の小児投与量に関しては数多くの算出法が考案されているが,次式による算出値が最も一般的である5).Y+1小児投与量=成人投与量×(投与量は放射能を示す)<参考>日本核医学会小児核医学検査適正施行検討委員会:小児核医学検査適正施行のコンセンサスガイドライン2020第1部:小児核医学検査の適正投与量.http://jsnm.org/archives/4675/(2022年3月閲覧)(8)高齢者9.8高齢者患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与すること。一般に生理機能が低下している。7.相互作用(1)併用禁忌とその理由設定されていない(2)併用注意とその理由設定されていない8.副作用(1)重大な副作用と初期症状設定されていない(2)その他の副作用<解説>自発的に報告されたものである.9.臨床検査結果に及ぼす影響設定されていない10.過量投与設定されていない(Y:年齢)Y+711.副作用次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。11.2その他の副作用頻度不明過敏症紅斑性皮疹16VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目11.適用上の注意14.適用上の注意14.1薬剤投与時の注意〈効能共通〉14.1.1膀胱部の被曝を軽減させるため、撮像前後できるだけ患者に水分を摂取させ、排尿させること。〈局所肺換気機能の検査〉14.1.2医療機器「テクネガス発生装置」と組み合わせて用いることによる局所肺換気機能の検査を行う場合、気道抵抗の大きい患者については、安静吸入法を採用すること。また、気道抵抗の大きい患者については呼吸困難に備えて適当な処置法(酸素吸入装置など)を講じておくこと。〈脳シンチグラフィ〉14.2診断上の注意脳シンチグラフィを行う場合、脳底部及び後頭蓋窩の腫瘍については、シンチグラム読影が困難な場合がある。12.その他の注意(1)臨床使用に基づく情報設定されていない<参考>(社)日本アイソトープ協会医学・薬学部会放射性医薬品安全性専門委員会の「放射性医薬品副作用事例調査報告」において,まれに血管迷走神経反応,発熱,アレルギー反応(発赤など)などがあらわれることがあると報告されている.(2)非臨床試験に基づく情報設定されていない17IX.非臨床試験に関する項目IX.非臨床試験に関する項目(分布)本品をラットの尾静脈より投与した場合,胃に最も多く摂取され,投与3時間後で摂取率約12%/g臓器に達し,その後減少し,投与24時間後では約2.4%/g臓器にまで減少する.腎への分布は投与1時間後までは減少し,その後再び増加が見られるが,24時間後まで経時的変動はほとんどない.その他の臓器からの放射能消失は比較的緩慢である.正常な脳への集積は他の臓器に比較して極めて少なく消失も速やかで,投与5時間以後ではほとんど放射能は検出されない.生殖器への分布は雌雄により差がみられ,睾丸よりも卵巣に多く摂取される.吸収線量(1)静脈投与MIRD法により計算した吸収線量は次のとおりである.(自社データ)臓器全身脳甲状腺心臓肺肝臓吸収線量(mGy/37MBq)臓器0.14脾臓0.110.06胃2.302.35大腸1.410.07腎臓0.070.21筋肉0.060.16血液0.44吸収線量(mGy/37MBq)(自社データ)(2)局所肺換気機能の検査(医療機器「テクネガス発生装置」との組合せ使用)MIRD法により計算した吸収線量は次のとおりである.臓器甲状腺肺心臓胃肝臓脾臓赤色骨髄吸収線量(mGy/37MBq)臓器0.110小腸3.986上部大腸0.998下部大腸0.165腎臓0.195睾丸0.180膀胱壁0.154全身吸収線量(mGy/37MBq)0.1090.0850.0730.0700.0030.0530.158(自社データ)尿及び糞便中へは,24時間後には投与量の12.3~62.0%(平均32.3%)が排泄される.(自社データ)1.薬理試験(1)薬効薬理試験「VI.薬効薬理に関する項目」参照(2)安全性薬理試験該当資料なし(3)その他の薬理試験該当資料なし2.毒性試験(1)単回投与毒性試験該当資料なし(排泄)18IX.非臨床試験に関する項目(2)反復投与毒性試験該当資料なし(3)遺伝毒性試験該当資料なし(4)がん原性試験該当資料なし(5)生殖発生毒性試験該当資料なし(6)局所刺激性試験該当資料なし(7)その他の特殊毒性該当資料なし19X.管理的事項に関する項目X.管理的事項に関する項目1.規制区分製剤:処方箋医薬品(注意-医師等の処方箋により使用すること)有効成分:該当しない2.有効期間有効期間:検定日から12日間3.包装状態での貯法室温保存4.取扱い上の注意放射性医薬品につき管理区域内でのみ使用すること.使用に際しては放射線を安全に遮蔽して行うこと.5.患者向け資材患者向け医薬品ガイド:なしくすりのしおり:なしその他の患者向け資材:核医学検査を受ける方へ(PDRファーマ株式会社ホームページ20.取扱い上の注意20.1重量物のため持ち運びには十分注意すること。20.2放射線を安全に遮蔽できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存すること。6.同一成分・同効薬(1)同一成分薬メジテック®https://www.pdradiopharma.com/hcw/medSupport/imagedb/参照)(2)同効薬1)脳腫瘍及び脳血管障害の診断,甲状腺疾患の診断,唾液腺疾患の診断,異所性胃粘膜疾患の診断用剤として過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液・過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液ジェネレータ2)医療機器「テクネガス発生装置」との組合せ使用による局所肺換気機能の検査用剤として該当しない7.国際誕生年月日不明20X.管理的事項に関する項目8.製造販売承認年月日及び承認番号,薬価基準収載年月日,販売開始年月日製造販売承認年月日:1973年2月23日承認番号:14800AMY00047薬価基準収載年月日:1974年2月1日販売開始年月日:1973年3月2日9.効能又は効果追加,用法及び用量変更追加等の年月日及びその内容<効能又は効果追加>唾液腺疾患の診断・甲状腺疾患の診断・異所性胃粘膜疾患の診断1990年3月6日医療機器「テクネガス発生装置」との組合せ使用による局所肺換気機能の検査1992年11月24日10.再審査結果,再評価結果公表年月日及びその内容該当しない11.再審査期間該当しない12.投薬期間制限に関する情報該当しない13.各種コード販売名ウルトラテクネカウ®14.保険給付上の注意該当しないHOT(9桁)番号114345402厚生労働省薬価基準個別医薬品コードレセプト電算処理収載医薬品コード4300400X1029(YJコード)4300400X1029システム用コード64431009521XI.文献XI.文献1.引用文献1)第十六改正日本薬局方解説書,廣川書店東京,2011:C-1058-1059.2)川上憲司ほか.核医学.1990;27:725-733.(PMID:2172605)3)RecommendationsoftheInternationalCommissiononRadiologicalProtection(AdoptedSeptember17,1965)ICRPPublication9,1996:p114)VagenakisAGetal.JNuclMed.1971;12:188.(PMID:5573250)5)(社)日本アイソトープ協会医学・薬学部会核医学イメージング規格化委員会.Radioisotopes.1988;37:627-632.(PMID:3222473)2.その他の参考文献1)放射性医薬品基準.厚生労働省告示第八十三号(平成二十五年三月二十九日)2)(社)日本アイソトープ協会編集.アイソトープ手帳,丸善東京,2011.3)USP35-NF30(U.S.Pharmacopeia-NationalFormulary)2012.22XII.参考資料XII.参考資料1.主な外国での発売状況ウルトラテクネカウ®は、韓国・台湾において発売されている.SodiumPertechnetate(99mTc)InjectionGeneratorは,現在欧米各国ほか多くの国で発売されている.またUSPにもSodiumPertechnetateTc99mInjectionの名称で収載されているので参考にされたい.2.海外における臨床支援情報(1)妊婦への投与に関する海外情報米国:PregnancyAnimalreproductivestudieshavenotbeenconductedwithSodiumPertechnetateTc99m.ItisalsonotknownwhetherSodiumPertechnetateTc99mcancausefetalharmwhenadministeredtoapregnantwomanorcanaffectreproductioncapacity.SodiumPertechnetateTc99mInjectionshouldbegiventoapregnantwomanonlyifclearlyneeded.Ideallyexaminationsusingradiopharmaceuticals,especiallythoseelectiveinnature,ofawomanofchildbearingcapabilityshouldbeperformedduringthefirstfew(approximately10)daysfollowingtheonsetofmenses.NursingMothersSodiumPertechnetateTc99misexcretedinhumanmilkduringlactation;thereforeformulafeedingsshouldbesubstitutedforbreastfeeding.Thisradiopharmaceuticalpreparationshouldnotbeadministeredtopregnantorlactatingwomenunlessexpectedbenefitstobegainedoutweighthepotentialrisks.Rev:7/2019(2)小児等への投与に関する海外情報9.7小児等小児等を対象とした臨床試験は実施していない。米国:PediatricUseSeeINDICATIONSandDOSAGEANDADMINISTRATIONsections.AlsoseethedescriptionofadditionalrisksunderWARNINGS.INDICATIONSANDUSAGE:SodiumPertechnetateTc99mInjectionisusedINCHILDRENasanagentfor:ThyroidImagingUrinaryBladderImaging(directisotopiccystography)forthedetectionofvesico-ureteralreflux.DOSAGEANDADMINISTRATION:TherecommendeddosagerangeinPEDIATRICPATIENTSis:Vesico-ureteralImaging18.5to37MBq(0.5to1mCi)ThyroidGlandImaging2.22to2.96MBq(60to80μCi)/kgbodyweightWARNINGS:RadiationrisksassociatedwiththeuseofSodiumPertechnetateTc99mInjectionaregreaterinchildrenthaninadultsand,ingeneral,theyoungerthechild,thegreatertheriskowingtogreaterabsorbedradiationdosesandlongerlife-expectancy.Thesegreaterrisksshouldbetakenfirmlyintoaccountinallbenefit-riskassessmentsinvolvingchildren.Long-termcumulativeradiationexposuremaybeassociatedwithanincreasedriskofcancer.9.5妊婦妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与すること。9.6授乳婦診断上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。授乳中の女性は投与後少なくとも3日間は授乳しない方が良いとの報告がある4)。23Rev:7/2019XIII.備考XIII.備考1.調剤・服薬支援に際して臨床判断を行うにあたっての参考情報(1)粉砕該当しない(2)崩壊・懸濁性及び経管投与チューブの通過性該当しない2.その他の関連資料・溶出法〈脳シンチグラフィ、甲状腺シンチグラフィ/甲状腺摂取率測定、唾液腺シンチグラフィ/RIシアログラフィ、異所性胃粘膜シンチグラフィ〉透明カバーを取り外し、溶出口に溶出用注射針を取り付ける。コレクティングバイアルをエリューションシールドに入れ、倒立させて溶出口の上からバイアルのゴム栓に溶出用注射針をつけ根まで差し込む。溶出用レバーを用いて溶出回路を開き、バイアル中に溶出液(過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液)を溶出させる。静置してしばらくすると約5mL、約10mLまたは約20mLの無菌の溶出液が得られる。24XIII.備考溶出操作手順1溶出部の透明カバーを取り外す.2保護キャップを抜く.3溶出口に溶出用注射針を軽く当て,時計回りにゆっくりねじ込みしっかりセット出来たことを確認する.(針カバーを付けたままにする.)4コレクティングバイアルのフリップキャップを外す.5コレクティングバイアルを目盛りが見えるようにエリューションシールドに入れ,消毒用アルコールでバイアルのゴム表面をふく.6針カバーを外す.7エリューションシールドを倒立させ,溶出用注射針にバイアルをゆっくり垂直に差し込む.8溶出用レバーを手前に引く.(ミルキング開始)9必要量のミルキングが終わったら溶出用レバーを「閉」の位置に戻す.(ミルキング終了)10エリューションシールドを抜き取り,針カバーを付け,透明カバーをかぶせて保管する.(必ず溶出用レバーを「閉」にしてからシールドを抜く.溶出用注射針はディスポーザブルなので,次回ミルキング時に取り替える.)25XIII.備考〈局所肺換気機能の検査〉局所肺換気機能の検査(投与法、第5項)のために高い放射能濃度の溶出液を得るときは、次の方法による。透明カバーを取り外し、溶出口に溶出用チューブの一方を取り付け、他方を容量2~5mLの注射筒に取り付け、溶出液を約2.2mL吸引し、注射筒を取り外して溶出液をコレクティングバイアルに入れる。溶出用チューブの他方を容量1mLの別の注射筒に取り付け、溶出液を約0.5mL吸引し、注射筒を取り外す。このうち、必要な放射能を医療機器「テクネガス発生装置」に仕込む。26