第6画像診断告示4CT撮影及びMRI撮影の施設基準(1)通則当該撮影を行うにつき十分な機器及び施設を有していること。(2)64列以上のマルチスライス型の機器によるCT撮影及び3テスラ以上の機器によるMRI撮影に関する施設基準イ画像診断管理加算2の施設基準を満たしていること。ロ専従の診療放射線技師が一名以上配置されていること。(3)CT撮影の注8及びMRI撮影の注6に規定する別に厚生労働大臣が定める施設基準(1)に掲げる診断撮影機器での撮影を目的とした別の保険医療機関からの依頼により撮影を行った症例数が、当該診断撮影機器の使用症例数の一割以上であること。通知第34CT撮影及びMRI撮影1CT撮影及びMRI撮影に関する施設基準(1)64列以上、16列以上64列未満若しくは4列以上16列未満のマルチスライスCT装置又は3テスラ以上若しくは1.5テスラ以上3テスラ未満のMRI装置のいずれかを有していること。(2)64列以上のマルチスライスCT装置又は3テスラ以上のMRI装置においては、画像診断管理加算2又は3に関する施設基準の届出を行っていること。(3)64列以上のマルチスライスCT装置又は3テスラ以上のMRI装置においては、CT撮影に係る部門又はMRI撮影に係る部門にそれぞれ専従の診療放射線技師が1名以上勤務していること。2CT撮影の注8及びMRI撮影の注6に規定する施設基準CT撮影及びMRI撮影に使用する画像診断機器の施設共同利用率について、別添2の様式37に定める計算式により算出した数値が100分の10以上であること。3届出に関する事項(1)CT撮影及びMRI撮影の施設基準に係る届出は、別添2の様式37を用いること。(2)当該撮影を行う画像診断機器の機種名、型番、メーカー名、テスラ数(MRIの場合)を記載すること。(3)CT撮影及びMRI撮影に係る安全管理責任者の氏名を記載し、CT撮影装置、MRI撮影装置及び造影剤注入装置の保守管理計画を添付すること。告示5冠動脈CT撮影加算、心臓MRI撮影加算、乳房MRI撮影加算、小児鎮静下MRI撮影加算及び頭部MRI撮影加算の施設基準(1)当該保険医療機関内に画像診断を専ら担当する常勤の医師が配置されていること。(2)当該撮影を行うにつき十分な機器及び施設を有していること。(3)当該撮影を行うにつき十分な体制が整備されていること。通知第35冠動脈CT撮影加算1冠動脈CT撮影加算に関する施設基準(1)64列以上のマルチスライス型のCT装置を有していること。(2)画像診断管理加算2又は3に関する施設基準を満たすこと。2届出に関する事項冠動脈CT撮影加算の施設基準に係る届出は、別添2の様式38を用いること。第36心臓MRI撮影加算1心臓MRI撮影加算に関する施設基準(1)1.5テスラ以上のMRI装置を有していること。(2)画像診断管理加算2又は3に関する施設基準を満たすこと。2届出に関する事項心臓MRI撮影加算の施設基準に係る届出は、別添2の様式38を用いること。施設基準施設基準第36の1の2乳房MRI撮影加算1乳房MRI撮影加算に関する施設基準(1)1.5テスラ以上のMRI装置を有していること。(2)画像診断管理加算2又は3に関する施設基準を満たすこと。(3)関係学会より乳癌の専門的な診療が可能として認定された施設であること。2届出に関する事項乳房MRI撮影加算の施設基準に係る届出は、別添2の様式38を用いること。第36の1の3小児鎮静下MRI撮影加算1小児鎮静下MRI撮影加算に関する施設基準(1)1.5テスラ以上のMRI装置を有していること。(2)画像診断管理加算2又は3に関する施設基準を満たすこと。(3)小児救急医療を行うにつき十分な体制が整備されていること。(4)小児のMRI撮影及び画像診断に関して十分な知識と経験を有する常勤の医師及び小児の麻酔・鎮静に十分な知識と経験を有する常勤の医師が、それぞれ1名以上配置されていること。(5)関係学会から示されているMRI撮影時の鎮静に関する指針に基づき、鎮静下のMRI撮影を適切に実施していること。2届出に関する事項小児鎮静下MRI撮影加算の施設基準に係る届出は、別添2の様式38を用いること。第36の1の4頭部MRI撮影加算1頭部MRI撮影加算に関する施設基準(1)3テスラ以上のMRI装置を有していること。(2)画像診断管理加算2又は3に関する施設基準を満たすこと。(3)画像診断を専ら担当する常勤の医師(専ら画像診断を担当した経験を10年以上有するもの又は当該療養について関係学会から示されている2年以上の所定の研修(専ら放射線診断に関するものとし、画像診断、InterventionalRadiology(IVR)及び核医学に関する事項を全て含むものであること。)を修了し、その旨が登録されているものに限る。)が3名以上配置されていること。なお、画像診断を専ら担当する医師とは、勤務時間の大部分において画像情報の撮影又は読影に携わっている者をいう。(4)当該保険医療機関において、夜間及び休日に読影を行う体制が整備されていること。(5)当該保険医療機関において実施される全ての核医学診断、CT撮影及びMRI撮影について、夜間及び休日を除いて、検査前の画像診断管理を行っていること。(6)関係学会の定める指針に基づいて、適切な被ばく線量管理を行っていること。その際、施設内の全てのCT検査の線量情報を電子的に記録し、患者単位及び検査プロトコル単位で集計・管理の上、被ばく線量の最適化を行っていること。2届出に関する事項頭部MRI撮影加算の施設基準に係る届出は、別添2の様式38を用いること。施通知設基準